受かる・土台作り作戦

心力:「後悔どころか、やっと光が見えてきた」

 

 

数年前から、私の指導を受けているA氏、もう6年になる。性格はいいのだが、今ひとつピントが合わず、受験に失敗し続けてきた。

 その彼が、「受かる土台作り作戦」を受講し始めて2ヶ月。併せて行っている毎朝の短答過去問の検討で、変わってきた。

少しずつだが、ピントが合い始めてきた。問いから素直に答えを導き出せるようになってきた。毎日といってもA氏の出勤前30分から1時間の短いものだが、やった内容は次の日までに答案構成にして提出する。決して、楽ではない。泣き言を口にしようものなら、「辞めてしまえ」の罵倒を浴びせる。それに彼は、耐えてきた。

 

 ある日、こんな質問をしてみた。「私は、6年前からピントとスピードが大事だと、主張し続けてきた。最初から分かっていたなら、君はすくなくとも3年前には受かっていた。こんなに時間とお金をかけて遠回りして、その上同じゼミ仲間にも抜かれて、後悔しているのでは」。

 その疑問に、きっと、「悔やんでいる」との言葉が帰ってくるものと予想していた。ところが、彼は「後悔なんて、とんでもない。時間はかかりましたが、やっと光が自分にも見えてきたんです。諦めず辛抱して続けてきて、よかったと思っています」と、返答した。

 意外にも、晴れやかな気持ちが伝わる言葉であった。

 「なるほど、心の底から自分の欠点に気づいたからこそ。彼は心底、前に向かおうとしているわけか」 

 情け容赦ない指導にも、根を上げずについてきたA氏の合格を祈りつつ、今まで以上に厳しく指導をしたいと、考えた私であった。

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    考力   「必ず出来る」と考えることが、成功の源

      パッとしない人は、なぜ試験に受からないので…

  2. 受かる・土台作り作戦

    心力   合理主義とは、分数である

      人間社会においては、素直で賢いことが必要で…

  3. 受かる・土台作り作戦

    ガツン  たいしたことないの意味  

      読者から質問が届きました。Q.「たいし…

  4. 受かる・土台作り作戦

    体力  本当に得するお金の使い方   

      食事を見直そうと決意した後、特に主食の米が大事だと思い、「…

  5. 受かる・土台作り作戦

    ガツン  分かるとは、どういうことか?

      あなたが「分かる」と、言ってもやらないのは…

  6. 受かる・土台作り作戦

    死ぬまでは、面白くやろう

      人間は、ガンであろうとなかろうと、いずれ死にます。あな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP