総論

「飛ばし読み」は、読んでいない

 

 

「文章の読み方」について考えてみます。

 

皆さんは、本を読むとき、どんな読み方をしますか。

「飛ばし読み」をする人が、結構います。なるほど、読んだ気になります。

しかし、何が書いてあったか分かりますか。なんとなく読んだだけでは。筆者の伝えたいメーセージは読み取れたでしょうか。

結局、この読み方は、読んでいることにはならないのでは。

 

特に、予備試験・司法試験で飛ばして読むことは、許されません。ミスは、不合格につながります。

 

なぜ、読み損ないが多いのでしょう。

「飛ばし読み」は、実は、何も読んでいないからです。

 

試験に受かるという目的があるなら、いいかげんなことをしては、いけません。

 

「飛ばし読み」をしてもよい場合は、1つだけです。それは、タイトルを知るために、端書きを見るときです。

 

読書では、必要な箇所だけをじっくり読むべきです。

 

そして、筆者の伝えたいこと、自分が知りたいこと、疑問に思うことを確実に自らのものにすることが、大事です。

どう思います。

 

「飛ばし読み」は、クオリティーが低い、非常に愚かな読み方です。

 

急いで読むより、じっくり読むことに努めましょう。そのほうが、無駄がなくなります。結果として、時間がかからず早く読めることになります。

「急がば廻れ」と言うではありませんか。

 

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

「冷凍庫」に入れて、忘れよう前のページ

夢を持とう。志を持とう次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    講座90【新司法試験ブログ】実質目標が、違う!

    昨日、「日本では、アメリカほど弁護士の数は必要ないのでは?」と、ロース…

  2. 総論

    【講座1294】 「早めが、得だよ!」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【お知らせ】● 新刊!「平成25年 単年版 司法試験・予備試験 短…

  3. 総論

    【講座336】 ハンデを、吹き飛ばせ!

    新司法試験の受験生やロースクール生の要望に応じて、全国へ出張講義に出か…

  4. 総論

    一喜一憂しない

     「択一式(短答式)と論文式(記述式)は、同じよう…

  5. 総論

    続・答えは、他人・・・!?

     昨日に続いて、45年来の私のテーマ、…

  6. 総論

    【講座391】 情報処理でも、頭がいい人が、勝つ!

    新司法試験の合格を早めるためには、「情報処理をスピーディーにやること」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和5年(2023年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 発売開始

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP