総論

【講座356】 新司法試験の合格には基礎が一番ということを女子アナは知っていた!

新司法試験に合格した、元フジテレビ・アナウンサーの菊間千乃さんの話を以前に書いた。今日は、彼女にまつわることを、君にもう1つ知らせたい。
菊間さんは、まず、基礎力をつけるため、新司法試験の短答式の過去問を肢1つ、ひとつ、理解していったという。もちろん、全科目である。これこそ、受験の王道である。短答式の肢の中に、合格するための「法の基礎」というダイヤモンドが入っている。
これを、つぶしていくと、法がわかってくる。しんどいが、コツコツ、全肢をやるのである。
そうすれば、新司法試験の論文対策の時間とエネルギーは、半減する。
論文に対する知識は、すでに短答で習得しているから、まったく必要ない。あとは、新司法試験の論文の長文を読む力を、必要な文章を、長文から拾い、答案作成に活用すればいいだけ。
菊間元アナがやった方法は、全く理にかなっている。「短答の基礎知識力+論文の編集力」。これで、絶対合格なのである。
「短答なんて、いまさら」といっている君だとしたら、とんでもないことだ。心せよ。
しかし、ベテランの君は、こう反論する。「短答は高得点が取れるから、短答の勉強なんて、必要ない」と。これも、まちがい。君が短答で高得点を取っても、それは、暗記を中心にした高得点である。理解を中心にした高得点なら最終合格しないはずがないのである。
別の角度からいうと、「短答と論文は、同じ試験である」ということである。新司法試験は、法に関する試験だから、当たり前の話だが・・・。「短答の基礎知識力」は、「スクール東京」の「パーフェクト【憲・民・刑】基礎講座」のDVDを、みればいい。今からでも、間に合う。
「論文の編集力」に不安があるのなら、わしがマンツーマンで教えてあげてもいいよ。これも、間に合う。
平成18年~平成22年の5問のうち、1問だけ、じっくり、添削を受ければいい。あと、そのノウハウを、他の問題と他の科目に応用すればいい。
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、新司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾・少人数コース](2時間:1,000円)
   ⇒ [成川合格塾・個別相談コース](1時間:4,000円)
【無料体験について】
   ⇒ [ライブ通学・無料体験入学
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴
【成川先生もう1つのブログ】
合格ブログ(成川豊彦日記) ※こちらも、365日・毎朝4時更新!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    できるだけ早く、勉強を再開する

     毎年、この時期になると同じことを言っています。…

  2. 総論

    いつも応援しています

     あと少しで、司法試験・予備試験の本試験です。…

  3. 総論

    受験生を続けて、9月を待つ

     ‘‘アッ‘‘という間に、1年は過ぎ去っていきます…

  4. 総論

    本の効果について

     本を読んで習得することは、人間力…

  5. 総論

    あなたの合格ネームは?

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 5月の本番に向かって、司法試…

  6. 総論

    若き俊才の悩み。実は、当たり前のことをやっていなかったから!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!このところ、一…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP