総論

講座36【新司法試験ブログ】論文の書き方のワンポイント

新司法試験の論文の書き方を、これから1つずつ、勉強しよう。
ワシの新聞記者の経験や、受験の経験、受験指導の経験の45年間のノウハウを教えます。
まず、大事なのは、ピントを合わせる。
例えば、出題者が「A」については述べよと、言っているなら「A」について述べよ。これが意外とできない。「A」を述べるのは、100人に2~3人しかいない感じだ。通常は「A´」「B」「C」とか関係のないことを言う。
合格点を取るためには、「A」と聞かれたら「A」と答えなければならない。これは当たり前のことだから、みんなわかる。しかし、「A%

講座35【新司法試験ブログ】指導をしていて思うこと前のページ

講座37【新司法試験ブログ】省略しない次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    実質的な合格率は、50%である

     司法試験・予備試験の合格率は、形式的には、司法試…

  2. 総論

    短答上位合格 = 論文合格

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「短答」と「論文」の違いは何…

  3. 総論

    【講座1022】 「ここまでやるか」を、やりたい! – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  4. 総論

    受験業から、文筆業にシフトした彼、ガンバレ!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!受験勉強をして…

  5. 総論

    【講座1287】 「たまには、外へ・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【まもなく開催の講座】成川豊彦先生の「中部・必勝合格ゼミ」● …

  6. 総論

    「基礎力」を磨くこと

     司法試験・予備試験は、法曹の「タマゴ」になる試験…

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP