総論

合格情報誌「法スクール」第2号の中身は・・・

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 2014年7月22日(火)から、7科目「論文」演習 + ゼミ が始まる。受講生からのご要望で、リニューアル・スタートする。そして、2014年7月28日(月)には、季刊の合格情報誌「法スクール・第2号」が、発売される(現在、ご予約受付中)。「法スクール・創刊号」の出題予想分析を総括して、今後の学習方針を説明する(実質)。さらに、「タイプ別スケジュール表」。ロー・スクール生、専業受験生・社会人に分けて、いつまでにどういう勉強をするかを、分かりやすい計画表にして、載せる(形式)。これで、雑多な情報にブレることなく、自信をもって、受験生活を組み立てられる。そのほか、民法をもっと楽しくする「民法を常識から考える」、判例の対策に「過去問判例(憲法)」、刑法のストック作りに「刑法基本講座」、コーヒー・タイムに「合格実践講座」(ここまで、面白くやるか!)なども。手に取れば、毎日の、“やる気と元気”が湧いてくる!
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! わしのところに、予備試験の論文式試験を終えた、A君(25歳)が、相談にやってきた。「短答の対策に時間がかかりすぎて、論文に手が回らなかった」という。彼と、しばらく話すうち、あることに気づいた。
わしは、いままで何十万人という受験生と会ってきた。対話するだけで、精神・健康・環境など抱えている問題に“ピン”とくる。A君は、質問に、“真正面から”答えられないのだ。「君の勉強時間は、1日どれくらい作れるの?」と聞くと、「母親は、朝が忙しく・・・」と答え始め、「民法の短答の成績は、どれくらいだった?」という問いに、「行政法の論文・模擬試験の成績が・・・」とブツブツ。いずれも、ピンボケ回答。
▼論文で求められるのは、「試験委員の問いかけに、“ダイレクトに”応えること」。出題者が、答えて欲しいと思うことを書けば、合格だ。しかし、勉強時間をいくらかけても、相手の要求に応じられなければ、得点にまったく結びつかない。例えば、レストランに来たお客が、「冷たいオレンジ・ジュースをください」と言っているのに、ウエイターが「熱いみそ汁」を持ってきたり、「オレンジ・ジュースとみそ汁の混ざったもの」を持ってきたら、「こりゃ、ダメだ」「お金、返してくださいよ」となる。日常社会では、相手に腹を立てられ、仕事や信頼を失うはめになる。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 「試験委員が、出題を通して、何を答えさせようとしているのか」、に“シャープにピント” を合わせる。毎日の会話1つ1つを通して、トレーニングする。これは、知識以前の話である。A君のように、普通の対話もかみ合わないのは、彼が、相手の意図を汲み取る努力をしていないからである。彼には、「いいかい。相手が何を言わんとするのかを、すぐに先回りして察するんだよ」「君の論文は、それだけで、かなり伸びるから」と説得。わしの厳しい指摘に、ショックで沈んだ彼の顔に、笑顔が戻った。
さあ、今日も、過去問を通して出題側の意図に、迫ってみよう。“まっさらな気持ち”で、素直に文章を読めばいい。難しい考えは、一切いらない。毎日、面白く勝負だ! やるぞ――!!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「試験委員の要求に、シャープに答える!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:同じ法科大学院に通う後輩が、「今の時期、論文をやった方がいいのかな。周りの同級生は、朝から旧司法試験の論文を書くゼミを開いているようだし・・・」といいます。ただ、私が見る限り、論文のゼミをやっている彼の同級生は、短答で高い点数を取れる人ばかりです。一方の彼は、まだ短答の成績が安定しません。だから、周りが論文を始めたからといって、彼がそれに習うのはどうかと思うのですが・・・(北海道・HNさんの先輩)。
A:論文の勉強も、短答対策になるので、まったく役に立たないわけではありません。ただ、あなたが心配されるように、短答の知識・理解がないままに論文の勉強をしても、全体的な実力の伸びには、つながりにくいです。短答は、280点(総合順位315位)を目指すように、彼にアドバイスしてください。短答で、その実力があれば、2,000人近く最終合格する司法試験では、論文で1,700人にひっくり返されることは、ほとんどないでしょう。頑張ってください。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 総論

    自分の性格を少し変えるだけで、“合格ボックス”に入れろ!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!九州からの電話…

  2. 総論

    【講座623】 司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「エッ・・・」

    新時代の司法試験・合格本が出た! これで「短答」「論文」が同時攻略でき…

  3. 総論

    「一人で考える」が、人生 最大のイベントである!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!以下は、フェイ…

  4. 総論

    【講座556】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「どんな水を、飲んでいるの」

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  5. 総論

    講座76【新司法試験ブログ】常に、基本に戻れ

    論文の答案や本番で、「ヒューッ」と、いい案がひらめいた。自分だけにしか…

  6. 総論

    どの道もプロフェッショナルは、やることをやっている!

     法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ…

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  1. プロフェッショナルな勉強法

    7科目・パーフェクト合格ゼミ、始まる!
  2. 総論

    【講座261】 カウント・ダウンの合格カレンダー!
  3. 総論

    私は、それだけの努力をしてきました!
  4. プロフェッショナルな勉強法

    「試験とは何か?」が分かると、すぐに受かる
  5. 総論

    【講座673】 司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「メル友か?!」
PAGE TOP