プロフェッショナルな勉強法

周りの人と、自分をつなぐ

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 受験生の、忙しい毎日。次から次へと、やることが出てくる。「今やったことは、当分の間、忘れないから大丈夫」と、頭や心の隅に置き去りにする。合格発表の日、結果が出なかった。心配した先生や、友達から連絡が・・・。それを「落ちたんだから、放っておいてよ」と無視。しかし、本当にそれでいいの? それでは、“プロフェッショナルな勉強法No.42”を、どうぞ。
▼「復習・質問・連絡(期即連の「連」)」。合格への期限を切り、勉強をスピーディーに進めた。さて、その後はどうするのか。
<×:スベる人>
(1)一応「次の試験に、合格したい」と期限を切り、日々、机に向かうのだが、やりっ放し。
(2)終わった学業の“復習をしない”。分からないところを、先生に“質問しない”。日頃の成績をボンヤリと見つめるだけ。試験の合否を、先生・親などお世話になった人に“連絡(報告)”もしない。
<〇:受かる人>
(1)合格の「期限を切り」、勉強を「即行し」た後、その結果を、自分や関係者にハッキリ知らせる。
(2)終わった学習の“復習”をする。分からないところを先生にしっかり、“質問する”。日ごろの成績を、自分自身にハッキリ“確認させる”。
(3)先生・親などお世話になった人に、試験の合否を“連絡(報告)”する。
<合格ポイント>
(1)期即連の「連」とは、連絡をすることである。小さな意味では、学習の成果を、自分で確認することである。大きな意味でいえば、「外部とのコミュニケーション」を指す。俗に言う、“報連相”(報告・連絡・相談)は、この「連」の一部を占める。具体的に、見ていこう。
(2)例えば、予備校に通う。他の多くの受験生にもまれて、プレッシャーとストレスをしっかり受けながら勉強する。やったところを、復習する。ミニ・テストや答練で、自分の実力を確認する。そうすれば、それはただの試験勉強ではなく、自分を鍛え、発見する機会にもなる。予備校に通うことも、「連絡」の一つなのだ。独学は独善的な勉強に陥りやすく、結果的に自分から合格を遠ざけることになる。
(3)次に、「講師の話を、よく聞く」「自分で調べて分からないことがあったら、講師に質問する」「受験のことで悩んだら、予備校の専門スタッフに相談する」。これも、「連絡」である。
(4)試験勉強は孤独な戦いだが、自分一人ですべてを背負い込んではいけない。「やるぞ!」という意志を内に秘めつつ、常に気持ちをオープンにして、他人の意見に耳を傾ける。知らないこと、分からないことは、謙虚な姿勢で教えてもらう。そうすれば、すぐに合格だ。
(5)見事に受かったら、家族・友人・恋人・予備校の講師やスタッフなどに「嬉しい連絡」をする。「自分1人の力で合格することは、できない」。あなたを支えてくれた人が、必ずいる。結果を出して、感謝の気持ちを届けよう。
<裏技>
(1)日ごろの連絡
  ① 24時間以内に、復習する。
  ② 自分で、ミニ・テストをする。努めて、復習テストを受ける。
  ③ “失敗ノート”を、具体的に付ける。
(2)結果の連絡
  ① 太陽・合格の神様・親・お世話になった人・社会などに感謝する。
  ② 「ありがとうございます」と、毎朝と合格の日に声を出す。
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「社会の一員として、生きていることを自覚する」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:予備試験・受験生の息子(23歳)の父親です。彼は、「何か、資格を取りたい」と、学部生のとき、司法書士・行政書士・社労士・不動産鑑定士など、いろいろと受験しようとしていました。しかし、どの資格も、短答で行き詰まってしまい、結果が出ません。今度は、予備試験をやろうとしています。彼は合格、できるでしょうか(兵庫県・JHさんの父)。
A:予備試験の短答を合格するのは、難しいことではありません。司法・予備の短答・過去問をすべて“理解”しきることです。問題数は、予備試験の一般教養科目を除いて、1,660問です。ところで、本試験・短答の出題者は受験生に、単なる“〇か、×か”を答えてもらいたいのではありません。肢の記述に、何か「問題点」を隠しています。それを「自分で見つけて」、「基礎から答えを出す」という作業を求めています。このやり方を、コツコツ1,660回、貫くのです。そうすれば、本当に全部、解き終わる前に、必ず最終合格します。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    自分の標語を作り、小さく叫ぶ

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    同級生・同世代の人が出世していても、「10年後、追い抜く」と意気込む!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    派手な講師に、注意!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! ○○予備校の現役弁護士・A講…

  4. プロフェッショナルな勉強法

    「超プラ」で、行こう!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 日曜日が、やって来た。このブ…

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

  1. 総論

    【講座835】 「時間のない人は、情報で勝つ」 – 司法試験・予備試…
  2. 総論

    平川先生の小論文講座①
  3. 総論

    【講座499】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 今日は、ほどほどに、す…
  4. プロフェッショナルな勉強法

    合格者は、受験しない
  5. 刑法

    危険運転致死罪/大隈重信の言葉(2)
PAGE TOP