受かる・土台作り作戦

不合格者座談会 第5回 向かって行こう!

 不合格者座談会 第5回

 

成川先生:前回は、予備試験・司法試験の不合格者が合格するには、「無知」「謙虚さがない」「ムダばかり」の3点セットを改める必要があると、お話しました。

 

欧米の有識者の間では、「日本人は精神的に弱い」と、言われています。その弱さを、私は直していきたいと思っています。

諸外国が、軍事の面で日本を攻めようとしています。それに対して、多くの人はどうでしょうか。安逸な生活に、すっかり浸っています。日本人は、精神的に強くならないと、大激動の世界情勢についていけません。「厳しい現実を知らない」とか、「暗記に頼る勉強」とかの低レベルの話で右往左往しているようでは、諸外国の動きに付いていくこともできません。まして、それを凌駕するようなことは、不可能です。

 

たまたま予備試験・司法試験に合格し、バッジを持っただけで、天下を取った気でいるようでは、大きく変化している世界の動きには、弾き飛ばされるだけでしょう。ワールド・ワイドな環境でも、前に進んでいけるような人を育成するのが、わが「スクール東京」の目標です。Bさん、どう思いますか。

 

Bさん :私はこれまで長い間、他の学校に通っていました。「この表現は大事だ」「その論点は、論証集で覚えるように」といった指導で、表面的な勉強を続けてきました。長期間やっても、考える力は付きませんでした。成果が出ませんでした。

論文の答案構成ができない、文章が書けないということで、どうしたら論理的思考力が付くのか考えて、こちらでお世話になった次第です。

 

 

成川先生:Cさんは、どうですか。勉強をしていてどう思いますか。自分が何をすべきか、そのためにはどうしたらいいのか、自己を分析し判断する力は付きましたか。それについて、何か思うことはありますか。

 

 

Cさん :そうですね。何人かの合格者とお話をする機会を通して、受験に成功した人たち共通の謙虚さを、感じます。どうしても自分が、勉強していると、現実を直視できず、つまづいたとき痛みに耐えられない。課題に直面すると、そこで止まってしまう。前に進めない。しかし、合格者の人は、たとえ壁にぶち当たっても、失敗を冷静に受け止め分析し、過ちだけで終わらせません。これは、冒頭に成川先生がおっしゃった「謙虚さ」があるからか、と思いました。痛みで止まってしまう私とは、違うことに気付きました。

 

 

成川先生:痛みなど、直ぐに消えます。それに、あなたのことは、誰も気にしていません。

失敗したから、恥ずかしい、どう対処したら、と気にしているのは、自分だけです。恥ずかしいと思うくらいなら、「次は間違えないぞ」と、過ちを教訓にして、次に生かせばいい。でもそれをしない。なぜか。それは、本当は怠けたいのです。怠けたいから逃げる。きつい言い方ですが、それが「痛み」の実体です。

しかし、そんな怠け者では、一角の人物にはなれません。何事にも苦しみは伴うものです。それが嫌だったら、「痛みのない国」に逃げればいい。「砂糖ばっかりの国」に、逃避すればよいのです。

日本は、厳しさを嫌がる風潮になっています。そうではなくて、困難に対して、絶対に向かっていく。問題点を分析して捉え克服する。より爽やかにやり遂げていく。そんな風にすればよい、と思います。Aさんは、どうですか。

 

 

Aさん :そうですね。向かっていくというのは、自分に一番欠けているところだと思います。

 

 

成川先生:そう、戦うのです。負けたっていい。来年やればいいのです。ポイントは、合格の反対は、不合格ではなく、諦めることです。諦めたら、すべては終わりです。それまでの努力は、一瞬にして消えます。ギブ・アップするくらいなら、最初からやらない。あるいは、この試験に挑むとき、何回すべったら自分は諦めると、確認しながら進めたらいい。または、最初から3回、4回だめだったら止める、と決めておくのです。

そのような基準を、定めてからやる。時間で判断するか、内容で考慮するか、それとも絶対にやり遂げるか。私個人としては、試験を受けようとした瞬間で、合格があると考えます。

 

もし、合格しないようなものだったら、最初から受験しない。やろうと思えば、受かります。多少、勉強するだけのことです。これがなければ、いい人生も送れず、小リッチにもなれません。

予備試験・司法試験なんて、大したことはありません。もっと厳しいことが、世界にはあります。例えば、地球環境です。国際的な協力がなければ、一個人の意思ではどうしようもありません。他にも、様々なことがあります。

 

大きく世界が揺れ動いている時代、皆さんは負けないように、していただきたいのです。たった一度の人生ではないですか。自我や他人からの評価を、上げるように生きましょう。

 

さあ、行くぞ!

 

 

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受かる・土台作り作戦

    不合格者座談会 第2回 厳しい現実を知らないのは、なぜだろう?

     不合格者座談会 第2回2.厳しい現実を知らないのは、なぜだろ…

  2. 受かる・土台作り作戦

    不合格者座談会 第14回 自己満足はどうして起きるか?

      不合格者座談会 第14回成川先生:今回は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP