憲法

講座24【新司法試験ブログ】新司法試験合格を目指す、受験生からの質問

Q:新司法試験合格のために、「択一」「論文」の問題をチェックしています。細かい点で、わからないことが多いです。
新司法試験・平成18年(2006年)16問(憲法)の「1」
「天皇の国事行為について、それが内閣の助言に基づいてなされた場合には,天皇が責任を問われることはないが,天皇の発案に基づき内閣の承認を受けてなされた場合には,天皇が国事行為の責任を問われることがある」。これは、誤り。本問において、天皇の国事行為について天皇の発案に基づくことができるのでしょうか。
A:天皇は、国事行為に関してどんな発案(発意)も異議(拒否)も認められない。その理由は次の通りである。
(1)天皇の象徴性に反する(1条)。天皇は国事に関して、いかなる決定権ももたない。
(2)内閣の助言と承認に従って、日本国の象徴として形式的・儀礼的に国事行為を行うだけである。
(3)「天皇の発案」を認めることは、天皇が「国政に関する機能を有しない(4条)」ことにも反する。
(注1)後段の「天皇が国事行為の責任を問われることがある」は、明らかに誤りである。国事行為に対して天皇は「いかなる決定権」も持たないのだから、それに対応して、「いかなる責任」ももたない。
(注2)国事行為に関する決定権と責任は、内閣にあり、天皇にはない(3条)。
(理由)これは、天皇を「日本国の象徴」とする存在に徹しさせ、政治に関わらせないこと(非政治化の原則)とわが国の国民主権を貫くためである。


新司法試験ブログを毎日読んで、新司法試験合格!
理解が大切です!


※ 「現行(旧)司法試験 2010年 崖っぷち合格ゼミ」 2010年2月生募集中!
※ 「新司法試験 2010年 絶対合格ゼミ」 2010年2月生募集中!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    法の下の平等の解答

     14条1項(法の下の平等)の具体的な条文① 14条2項(貴族制…

  2. 憲法

    【講座823】 設問 – わしなら、こう解く – 「語句を大切に・・・」

    【「書籍」フェア(半額・20%OFF)のお知らせ】直前期!受験生応…

  3. 憲法

    【講座592】 設問 – 「わしなら、こう解く」 – 残暑お見舞いの一問であ…

    たった3時間で、新司法試験・予備試験の本丸を攻略する、「書籍」と「DV…

  4. 憲法

    【講座1312】 設問 – わしなら、こう解く – 「お盆だね・・・」

    【司法試験・予備試験の合格を目指す皆さまへ】● 新刊!「平成25年…

  5. 憲法

    【講座712】 講座711の解答 – 「わしなら、こう解く」 – グーンと寒…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

  6. 憲法

    【講座768】 講座767の解答 – わしなら、こう解く – シンプルなこと…

    【イチ押しの書籍】「短答を論文的に解く」!この本で、同時合格が可能にな…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP