憲法

憲法・総論(日本国における統治機構)/輪島功一の言葉(2)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人生は、能書きだけ言っていては、ダメである。四の五の言うは、無能な者のログセだ。能書きに変えて、“考えること”“経験を積むこと”が大切だ。プロ・ボクシングの元スーパー・ウェルター級チャンピオン、輪島功一さんは、経験の大切さを力説している。

<輪島功一の言葉(2)>
「人生は、経験が大切である」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!もって生まれた才能なんて、だれも、たいしたことはない。大切なのは、夢(エネルギー)とコツコツだ。この考えは、苦(にが)く苦(くる)しい経験から、生まれてくる。
 では、昨日の答えを示します。


憲法No.263【解答】
 日本国の統治機構における権力分立
(1)(第1段階)国政(国権)と地方行政(地方自治)
いわゆる、垂直的分立を呈している。国政(国権)が上位で、地方行政(地方自治)が下位の関係になっている。
(2)(第2段階)国会と内閣と裁判所
いわゆる、水平的分立を呈している。国会が立法権、内閣が行政権、裁判所が司法権を担当している。3権分立とも、いわれる。
(3)(第3段階)国会における衆議院と参議院
これは、立法権における権力分立である。
【注】
(1)「統治」は、フレームが分かると、ほとんど理解できる。単なる暗記だけでなく、分析的な理解をしてほしい。
(2)この3つの権力分立が、“サッ”と表現できれば、相当の実力である。このまま、進めば、確実合格です。
(3)まず、「合格ノート」(憲法・統治)=スクール東京出版=の5ページの「憲法のフレーム」を理解してほしい。「人権」も同じフレームの中にあるので、全体が一覧できる。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!理解に基づいて夢をコツコツを続行している人(受験生)は、“合格(達成)の神様”に、好かれる。そして、まもなく、勝利に導かれる。このことは、どんな社会においても同じようである。
 さあ!今日もよき一日の経験をし、“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「経験をバカにする者は、大成しない!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    憲法第9条の解釈/白洲次郎の言葉(1)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!よく考えないで…

  2. 憲法

    衆議院の優越の解答

     1.同じ点(1)(2)とも、衆議院の優越に関する問題であ…

  3. 憲法

    【講座340】 設問 – 実は、シンプルなのだ!

    新司法試験に「合格」するためには、「基礎」が大切である。「基礎」を習得…

  4. 憲法

    講座108【新司法試験ブログ】質問

    2009年(平成21年)択一憲法の第3問肢アは、正しいか、誤っているか…

  5. 憲法

    【講座194】 講座193の解答

    いわば、「広義の人格権」いわば、「狭義の人格権」自己決定権…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP