民法

民法No.70【事例式演習②】問題編・H28-28の改題/芥川龍之介の言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人生には、いろんなことが起こる。大きいこと、中ぐらいなもの、小さな変化など。それらに、向かって、手を抜かず、対処していきたいものだ。鬼才といわれた小説家の芥川龍之介だって、“シャキッ”と言っている。

<芥川龍之介の言葉(1)>
「人生を幸福にするためには、日常の些事(さじ/つまらない事)を愛さなければならぬ」

▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!小さいことが、大きなものの原因になることだってある。一時だけの判断で、適当にあしらってはいけない。
 では、民法の問題を出します。


民法No.70【事例式演習②】問題編
[設問]
(1)次の①②の正誤を答えなさい。
(2)②の正誤を判断する際に、①をヒントにするとすれば、①の記述中のどの点に注目できるか。①と②を比較しながら、検討しなさい。
①債務が存在しないにもかかわらず,その事実を過失により知らないで債務の弁済として給付をした者は,その給付したものの返還を請求することができない。
②抵当権者は,自己の抵当権が設定された不動産について競売がされた場合には,不動産競売事件の配当期日において配当異議の申出をしなかったとしても,債権又は優先権を有しないにもかかわらず配当を受けた債権者に対し,その者が配当を受けたことによって自己が配当を受けることができなかった金銭相当額の金員について不当利得返還請求をすることができる。
[留意事項]
H28-28の改題(記述の一部を抜粋)である。
本問は、「演習」というより、「問題を解く際にどこに着目すればよいか」を意識する機会として利用していただきたい。
①の正誤は容易に判断できる。②は、事案が①に比べるとやや複雑であり、また短答式の記述としては長い部類に入る。そのため、敬遠したくなる。しかし、容易に判断できる①からヒントを得る姿勢で検討してみると、意外とあっさり分かるものである。②のみを単体で見て、「原則が・・」「本質は・・」とあれこれ“考え”を巡らせると、堂々巡りを起こす危険が高い。視点が抽象的に過ぎ、思考がブレるからだ。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!試験というものは、特に、小さなものの積み重ねが大切である。日々、コツコツやることで、どんな試験も突破できる。焦らず、だらけず、進んでほしい。
 さあ!今日も、一歩一歩だが“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます
 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「天才だって、小さいことを大切にする!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 民法

    消費貸借・使用貸借・賃貸借/黒澤明の言葉(2)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!君が、受験・仕…

  2. 民法

    民法No.80[事例式演習]問題編/ホセ・ムヒカの言葉(1)

    法務省主催の司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!人間は、自…

  3. 民法

    消滅時効 / 渡部香生子選手(水泳・金メダリスト)の言葉(1)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 人に言えない努力そして、栄冠…

  4. 民法

    困ったら、“スコーン”とかませ!/中村天風の言葉(2)

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今、自分の机に向かって、「短答…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP