受験生応援

短答模試の成績表を解析する

令和6年司法試験 論文式試験初日
令和6年7月10日(水)
【令和6年予備試験 短答式試験】
令和6年7月14日(日)
カウントダウンは、こちらのページです。

桜が各地で開花しております。日ごとに、気温も上がっています。
令和6年司法試験の出願期間も過ぎ、ギアチェンジ…と思っている方もおられるでしょう。
ところで皆さん、勉強(という行動)を数値化し、評価できていますか?
「昨日は、3時間」「今日は、8時間」という具合に、勉強時間数を管理するお話は、割とたくさんの受験生の方から伺っています。
それは、受験「過程」の視点。受験「結果」の数値化は、どうでしょう…?
点数が低いと、成績表など見たくもない気持ちになりますが、短答成績表には、受験生の思考傾向・適正から集中力・持続力など、豊富な情報が含まれることに、お気づきでしょうか。
スクール東京は、「短答過去問アレンジ答練」の成績表を毎回、一人ひとりデータ分析をしてお返ししています。
受験者母集団は少数ですが、①当回の科目得点のレーダーチャート(予備試験のみ)、②各回の科目得点の推移グラフ、③合計点の推移グラフを作り、気づいたことをコメントしております。以下では、予備試験受験生(Aさん・答練1年目/Bさん・答練2年目・/Cさん・答練1年目/Dさん・答練1年目)のデータをサンプルに、少しご説明しましょう。
【科目得点のレーダーチャート】

↑青色の多角形をご覧ください。Aさんは、第7回短答答練でこういう形になりました。
刑法・刑事訴訟法が全体平均を上回っています。刑事系は、公法系や民事系と比較すると、基礎知識量が少なめで、知識の連関力を問われる、論理性の強い科目です。思考傾向として、論理に秀でていることが分かります。この論理力を、公法系や民事系にも流用することを勧めます。

↑Bさんはこういう形になりました。多角形は、それほど崩れた印象はないですが、民法が平均を下回っています。民法は短答本試験で最初に取り組む科目です。転ぶと、短答の全体の結果が厳しいものになりがちなので、要注意。Bさんに特化すると、民法以外がすべて平均を上回り、法学全体の基礎知識量があると分かります。民法だけ低いのは理屈が合わない。苦手意識など、精神的な影響があった可能性があります。
【各回の科目得点の推移グラフ】

↑縦軸は点数、横軸は回数(時間軸)です。Cさんは、第1回から第7回まで、欠かさずマークシートを提出しデータが豊富です。第1回~3回までは、各科目の点差はそれほど開いていませんが、第4回~5回では、科目ごとの点差が開いています。刑法・憲法の落ち込みが原因しています。(ある種の)中だるみとも言える状態で、何系科目に弱さが出るのか。Cさんの場合、刑法ということで、短答問題を思考する努力、論理性を強化する。刑法は、思考方法をつかめば点が安定するので、対応する優先順位は高いでしょう。憲法は上3法の一つで、周りの受験生も対策してくるので、点差を付けられないよう、復習することを勧めます。
【合計点の推移グラフ】

↑Cさんの合計点は、全体としては高めですが、第1回~7回までで、緩やかに下降しています。6回で何とか持ち直そうともがいた痕がありますが、グラフがこの形状をたどると、本試験結果は厳しくなりがちです。モチベーション維持・勉強方法で悩んでおられたかもしれません。こういった方には、カウンセリングや短答フォローゼミを勧めます。

↑こちらは、Dさんの合計点の推移です。合計10回のアレンジ答練で、合計点が緩やかに右肩に上がっています。短答答練の期間は約半年で、その中でうまくモチベーションをコントロールできたといえるでしょう。Dさんは、アレンジ答練を受けた年、予備試験短答を合格され、2か月後の論文式試験に挑戦されました。

いかがでしょうか…?短答答練の成績表は、受験生が自分を知り、勉強の方向性を修正する、重要な情報にあふれています。「今回はよかった」「悪かった」で片づけるのはもったいない。短答答練を受けたら、ぜひ、今回のブログを参考に、解析を加えてみてはいかがでしょう。敵を知り、己をしれば、100戦危うからず…!
絶対合格!!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

クリック、ありがとうございます!
また、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
———————————————
【2026年(令和6年目標) 短答過去問アレンジ答練】

【2026年(令和6年目標)司法試験/予備試験 カウントダウン・タイマー】
下記のバナーをクリック!

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。

令和4年改正民法のお話前のページ

つながりたい次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受験生応援

    予備試験「一般教養科目」で、7割の得点を目指す

    予備試験の受験生の多くの人は、短答の一般教養を苦手としています。人…

  2. 受験生応援

    「一般教養科目は、捨てられない」ことに気づいた

    予備試験の短答式試験には、一般教養科目がありますね。受験生の多くが…

  3. 受験生応援

    不合格者の盲点

    おおまかに言うと、 司法試験・予備試験の合格者は、受験上手。不合格…

  4. 受験生応援

    この夏で、合格する

    司法試験・予備試験は、7月・8月・9月の3ヵ月の勉強で、すべてが終わり…

  5. 受験生応援

    なかなか合格できないベテラン受験生

    司法試験・予備試験を数回、挑戦しても合格ラインに達しない人。年齢は…

  6. 受験生応援

    人間関係のない時間

    司法試験・予備試験の受験生のあなたは、今日も勉強の真っただ中にいます。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

令和5年(2023年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 発売開始

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP