総論

【講座555】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「確実に、受かりたいのです・・・」

平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!
「成川式」平成23年(2011年)新司法試験 本試験問題 短答式


新司法試験・予備試験の合格を決める君から、こんな質問をされることがある。「新司法試験(予備試験)に必ず、合格する方法は、ありませんか」。それは、ある。「短答(択一)の350点中、300点以上を取ることである」。高得点の受験生なら、論文もほとんどといっていいほど突破できる。理由は、次の通りである。
(1)短答(択一)で300点(85.7%)以上、得点できるということは、法の基礎知識を大部分、理解していることになる。論点の本質が自分の頭でわかっているのである。単なる暗記型では、250点(71.4%)ぐらいが限度である。
【注】
例外的に、300点以上、取っても最終合格できない者がいる。彼・彼女は「超暗記型の人間」だからである。それも、2年続けて300点以上なのに、論文で落ちている受験生は、やり方を理解型に1,000%転換しないと、1,000%三振する。
(2)新司法試験・予備試験に出る基礎知識を理解・暗記していると、論文は軽く通過できる。論文に合格するためには、① 長い問題文を解読し、② 出題意図にピントを合わせ、③ 基礎知識を使って、④ 個別具体的に論述すればよいだけである。
短答(択一)で90%前後、得点できる受験生なら、「短答(択一)は、知識力のチェック、論文は法的な編集力のチェックをする試験である」ということに気づくはずである。
(3)短答(択一)は、客観評価のテスト。だから、結果はブレない。一方、論文は主観評価のテスト。だから、結果がブレる。「まず、客観テストを押さえるのが、合格の鉄則である」。
(4)短答(択一)が、高得点だとアドバンテ―ジをもてる。論文で多少、ミスをしても、総合評価では落ちるまでに至らない。
───新司法試験・予備試験の合格を決める君よ! 「法の試験というものは、短答(択一)も論文も、本質は同じである」ということに早く気づくこと。短答(択一)は、マークする。論文は書く。その違いだけである。聞かれているのは、「法的な理解」ができているかどうかである。
なお、本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、新司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、是非ご覧いただきたい。
さあ! 今日も、君の大切な人生の1日だ。「やるぞ」───。
【成川先生の合格語録】
「絶対、受かりたいなら短答(択一)で300点以上、取る」
【ご相談について】
► スクール東京のいずれかの講座の受講を、ご検討中の方。
   ⇒ [無料個別ガイダンス](1時間:無料)
► スクール東京の講座の受講は検討していないが、新司法試験・予備試験の相談をしたい方。
   ⇒ [成川合格塾(個別相談)](1時間:4,000円 → 2,100円)
【体験受講について】
   ⇒ [ライブ通学・体験受講
   ⇒ [DVD通信・無料体験試聴

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    偉人の言葉!No.17

     ---------------------------…

  2. 総論

    【講座980】 「桃の香り・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    【新刊のお知らせ】 平成25年版「成川式」体系別 司法試験・予備試験 …

  3. 総論

    【講座534】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「厳しい仲間がいれば・・・」

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  4. 総論

    【講座1053】 「こんなことも・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  5. 総論

    【講座252】 合格は、「気づくこと」から!

    新司法試験───。2011年の戦い…

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 総論

    【講座400】 ミスは、直すために存在する
  2. プロフェッショナルな勉強法

    あの手この手で、玄米と恋仲に・・・!
  3. 民法

    要件事実論
  4. 総論

    母親の責任も、ある
  5. 民事訴訟法

    民事訴訟法テストNo.4[解答編]/水野成夫の言葉(2)
PAGE TOP