総論

後世に名を残す

予備試験は難しいが、予備試験の合格は、やさしい! 明日、2014年6月22日(日)17時30分から、約120分。「“やさしい予備試験”に、合格する方法」ライブ(通学/ネット電話)を、やる。1回完結で。“スコーン”と爆演する。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! わしは、詩人・金子みすゞの詩を、たまに読むことがある。そこには、描く世界の壮大さがある。女性詩人としては、珍しく、大胆な表現が多い。
▼ある日、「スクール東京」の研究員のA君(26歳)に、書棚を片付けてもらっていたら、偶然「みすゞ」という小説を見つけ出した。その本は、わしの知り合いで、彼女の人生を描いた映画・脚本家が、書いたものである。A君は、「成川先生といえば、受験ノウハウや、憲法学というイメージがとても強いです。だから、金子みすゞの本を見つけたのは、とても意外でした!」と言う。A君は、金子みすゞが好きで、ときどき、気分転換に、詩集を読むらしい。
わしは、勉強の合間だったA君に、その脚本家を紹介した。以下(1~6)は、彼が書いた感想文である。
1.特に好きな詩
「鯨法会(くじらほうえ)
鯨法会は春のくれ、
海に飛魚採れるころ。
 浜のお寺で鳴る鐘が、
ゆれて水面をわたるとき、
 村の漁夫が羽織着て、
浜のお寺へいそぐとき、
 沖で鯨の子がひとり、
その鳴る鐘をききながら、
 死んだ父さま、母さまを、
こいし、こいしと泣いています。
 海のおもてを、鐘の音は、
海のどこまで、ひびくやら」。
2.作品の特徴
彼女の詩は、一言で言うと、スケールが大きい。詩の中には、彼女の姿は見えない。何を思ったか、ということも現れない。懐の広さがある。女性にそういうものを書かれると、男性は、立つ瀬がない。しかも、お金を儲けるために書いているわけではない。ただ、詩作の後半になると、論理の展開、メッセージ性が出て、作風が変わる。しだいに、昔のようには書けなくなっていった、そういう変化が読み取れる。だから、彼女の作品には、一種の“危うさ”がある。
3.自殺について
(1)資料
彼女は、26歳の若さで自殺をしている。資料は、矢崎節夫という詩人が集めたものがほぼ全てである。しかし、自殺の動機や、様子に関しては資料がほとんどなく、推測の域を出ない。
(2)動機
 ア.消極的な事由
   自殺の当時、3歳になる娘がいた。また、嫁いだ先は本屋で、生活に困るわけでもなく、安定していた。可愛い盛りの娘を残して死ぬのは不自然であり、よほどのことがあったのだろう。
   ※当時、彼女は夫との離婚問題を抱えていた。彼女の才能があれば、教師の道で自立するという方法だってあったはずである(ただ、彼女は「学校の職員室の雰囲気が、嫌い」と、教育には興味がないという趣旨の発言も、残している)。
 イ.積極的な事由
   ① 彼女の夫から、淋病(性病の一種)を移されたこと。
  動機に影響したかというと、よくは分からない。ただ、よほどこたえた事情であったことは、推測できる。
   ② 結婚生活に嫌気がさしたこと。
  当時は大正時代で、女性が結婚すると、“家の物”という扱いだった。彼女は、自由な意志の性格だったから、将来、死ぬまで家に従うということに、希望が無くなったかもしれない。
   ③ 26歳という年齢のこと。
  大正時代の平均年齢は、50歳に届かない。26歳という年齢は、今でいうと40歳を超えているという感覚だった。結婚と出産をして、人生は終わりに近づいたと、考えたのかもしれない。
   ④ 精神が過敏であったこと
  彼女の作品は、生物・無生物問わず、そのものになりきって謡うものが多い。それだけ、想像力と観察力が鋭いということである。逆に言うと、現実に起こるどんな些細なことでも、精神に大きな負担になっていったのかもしれない。
  ※芥川龍之介も、神経が過敏であった?
彼は、みすゞと同じように若くして(35歳)で、自殺(服毒による)した著名な文学者である。ある日、隣家の農夫が、「さっき、子どもを間引いた」と彼%8

真の敗因前のページ

梅雨でも、やる!次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座535】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! 「年間730テーマも?!」

    平成23年 新司法試験 短答式試験解説集 好評発売中!!『「成川式…

  2. 総論

    今日を、ダメな自分との決別の日とする。

     私は、予備試験の社会人受験生だ。成川先生の指導を…

  3. 総論

    写経は、効果大です!!

     ・最近、このブログを写経する人が増え…

  4. 総論

    あなたの合格ネームは?

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 5月の本番に向かって、司法試…

  5. 総論

    講座126【新司法試験ブログ】自己責任とは、いうけれど・・・

    新司法試験合格のために、日ごろから努力をしている受験生。「合格」を信じ…

法学入門講座(オンライン講座)

ペイパル新規登録キャンペーン

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP