総論

改善点を指摘されることを極度に嫌う受験生が多い

 

私は「スクール東京」での講義と「成川合格塾」での個別指導をさせていただいているが、個別指導はマンツーマンなので、通常の講義より、一人ひとりの受験生のことがよくわかる。

得意、不得意、考え方の傾向や癖・・・等々。それらを踏まえた上で、合格するために改善した方が良いことは、どんなに小さなことでも漏らさず、キッチリとお伝えしている。それが、個別指導の命だ。

ところが、改善点を指摘されることを極度に嫌う受験生が多い。ちょっと注意すると、すぐに顔色を変えたり、 ビックリしたような表情を浮かべたり、中には逆ギレする生徒さんもいる。

ビックリするのは、こちらの方です。「ゆとり世代ですか?」と言いたくなるところだが、それ以外の年代の方々にも見受けられる。

「日本社会全体の傾向ではないのか」と考えると、心配なような、情けないような・・・。知り合いの学校教師、塾の講師、それに会社の経営者や管理職の人達から、同じような話をよく聞くからだ。

ズバリ、言いましょう。受験勉強は、(1)過去問に集約されている基礎の理解と(2)自分の弱点の克服から成り立っている。

押さえるべきところを押さえ、出来ないところを出来るようにする。それが、受験勉強です。

なのに、理解不足にしろ、弱点にしろ、改善の指摘を拒否するのは、「私は、受験勉強をしたくない!」と言っているようなもので、私からすれば、「この人、何しに来ているのだろう???」となってしまいます。

さあ!注意や指摘は、合格への一歩一歩と心得て、面白く“爆勉”!行け!絶対合格!!

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————


【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

自分を、他人と思っていたわる!前のページ

資格試験は「大人のテスト」次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座1022】 「ここまでやるか」を、やりたい! – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  2. 総論

    十分な睡眠と良質の食事

    今年の本試験まで、司法試験は、117日。予備試験・短答式試験は、1…

  3. 総論

    【講座1224】 「富士山が、“ニコッ”と・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    【まもなく開催の講座】短答過去問「ファイナル・アタック」ゼミ2…

  4. 総論

    「事実」の発見が、感情の抑制に繋がる

     昨日の記事で、「感情で物事を処理…

  5. 総論

    どんなことでも、改善する!

     ▼今日は、予備試験・司法試験を受験している男性・女性に、フ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ペイパル新規登録キャンペーン

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP