総論

勝負をかけるのは、早い方が勝つ! / 短答 過去問 アレンジ答練と論文個別指導

司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 7月に入って、司法試験・予備試験戦線も、かなり動き出して来た。「短答」「論文」を2本柱にする、これらの試験には、甘い面と、辛い面の両面がある。
<甘い面>
 (1)司法試験において、1年間で1,700人前後もの合格者を出すということ。受験生の2割以上にもなる。
 (2)予備試験においても、1年間で400人前後の合格者を出すこと。「約4%という、低い合格率。決して、甘い点とはいえない」という反論が出そう。しかし、10,000人という母集団の実態が甘いのである。趣味感覚で受験したり、十分な準備期間を得ないで、試験を受けている人が多い。ゼロから始めて、2年前後、“キチッ”と基本勉強をしている人は、少ない。結果として、厳しい試験には、なっていない。
<辛い面>
 (1)「短答」は、細かい知識を追いすぎる問題が、各科目とも数問ある。問題文の行数が短いため、“途中省略的”な、粗いものもある。
 (2)それ以外は、良問ぞろい。「論文」の基本知識を問うには、格好の問題だ。
 (3)まず、「短答」対策。
   ① このほど出版された、平成27年(2015年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集(スクール東京出版) を、一問一問、フォローすることを勧めたい。この本は、「短答を論文的に解く」コンセプトで作られているため、暗記中心型ではなく、理解中心型の内容になっている。解答を、判例や基本書に“丸投げ”していない。
   ② 対策の実践編としては、「短答 過去問 アレンジ答練」がお勧めだ。この答練から、多くの合格者が出ているが、昨年までは、難点があった。それは、10月からスタートしていたこと。これは、よくない。6月もしくは、せめて7月からスタートすべきだ。受験界では、先手必勝こそが、合格ノウハウの核心である。この点を「スクール東京」のスタッフたちが理解してくれ、今年は、7月15日からスタートすることになった。
   ③ 「短答は易しいから、秋口から勉強しても十分」とうそぶく受験生は多い。しかし、これは間違い。「短答」は、合格することに意味があるのではなく、「論文」の基本知識を習得するための試験とみる。「論文」前期試験としては、最良の挑戦になる。「司法試験」「予備試験」とも、85.7%の得点をとりたい。それ以下の点数だと、論文の確実合格に、不安が残る。
 (4)次に、「論文」対策。
  2回目以降の受験生には、この時期から、本格的に勉強すべきだ(本当は、1回目の人も、そうすべきだが・・・)。
  「論文」には、「試験委員コメント集」という、“最大・最強・最善”の合格資料がある。試験委員ご本人たちが書かれたのだから、それに乗って進むだけでよい。コメント集の本質は、採点基準表・合格解説書・予想問題の性質をもつ。これに沿って、勉強すれば、上位合格は確実に出来る。
 (5)しかし、このコメント集を読めない人が多い。それは、「短答」を暗記で走り抜けているからだ。「短答」を、ごまかして合格したものの、基本力がない。このため、「論文」答案において、ごまかすことが出来ない。この種の人は、「短答」の本質をもう一度勉強し、「論文」的に解くことだ。基本力が“ついた”か、“つきながら”かの時期に、「スクール東京」の「論文」個別指導や少人数ゼミを受けることを勧めたい。ここで、過去問を素材に、コメント集に沿ったチェックが出来る。このスタートは、早ければ早いほどよい。
 (6)わし自身の担当について。
  「短答」は、個別指導で、1問1問、押さえて行く。「これが、本質だ」と、トコトン、チェックをする。そうすると、受講生が、ある論点を、一度やったら忘れない。時間が経って多少、忘れても、司法試験・予備試験「合格ノート」憲法【人権】【統治】(スクール東京出版)を少し見直せば、すぐに思い出す。
  「論文」は、コメント集をベースに、受講生の答案を、添削して行く。手抜きは、しない。1つの答案に対して、事前に1時間は、優にかける。わしのチェックを受ければ、上位合格は堅い。
  現在、「短答」「論文」に不安をもっている人は、受講してみては、どうだろうか。
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 人生の一時期、「短答」「論文」とも、“命をかける”ぐらいの意気込みでで、机に向かってほしい。そうすれば、“必ず”“確実”に合格出来る。上位合格だって、可能だ。
さあ! 暑い一日、体に気をつけて、“ドカ―――ン”“ドカ―――ン”と、“爆勉”する! 絶対合格!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。少しでも、プラスになられた方は、ぜひ、以下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
「クリック、ありがとうございます」。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
【成川先生の合格語録】
「“命をかける”意気込みなら、落ちることはない!」
【家族からのレター】 ※お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
Q:予備試験を目指す娘がいます。睡眠時間ですが、“一日10時間ぐらい”寝ています。少し、「長いのでは」と、気にしながらも、「ちゃんと勉強しているなら良いのかな」と思い、特に何も言っていません。“寝過ぎ”という気もするのですが(北海道、合格ネーム・MNの母)。
A:良く寝ることは良いことですが、睡眠時間は7時間前後にした方が良いと思います。寝過ぎは、かえって良くないです。起床時間は何時でしょうか。なるべく、朝5時に起きて、勉強してください。朝型は勉強効率が夜型の2倍になります。会員制サイト「合格の森」で無料公開中の動画ブログNo.12「朝型」を参考にしてみて下さい。
【成川先生へのメール】
成川先生へのメール」を承っております。何でもお気軽に、メールをしてください!

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座280】 夢って、何だ!

    新司法試験を受験している諸君。今の日本には、「目標」がない。「夢」…

  2. 総論

    やはり、過去問と同じ問題が出る!

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 目の前に迫った本番に向かって…

  3. 総論

    若き俊才の悩み。実は、当たり前のことをやっていなかったから!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!このところ、一…

  4. 総論

    出た!平成26年(2014年)単年版 短答 過去問集

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 司法試験・予備試験の試験が終…

  5. 総論

    講座97【新司法試験ブログ】答えは、そこに!

    どんなに現実が厳しくても、一生懸命やっていれば、厳しい現実が優しく、易…

  6. 総論

    【講座251】 受験生だって、人ごとではない

    新司法試験の中年女性の受験生と話をしていて、話が盛り上がったこと。それ…

ペイパル新規登録キャンペーン

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP