憲法

「父又は母が認知した子」/ケインズの言葉(2)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!司法試験・予備試験など、難関な資格を取って、専門家として社会に貢献する人は、「ものごとを、深く思考する」ことを勧めたい。そのために、世の先人たちの言葉に耳を傾けることも、必要だ。大いに参考になるのが、現代人が、大変、お世話になっている、20世紀の英国の経済学者、ジャン・メイヤード・ケインズの考えだ。


<ケインズの言葉(2)>
「現在の為政者や知識人は、すべて過去の知識人や過去の思考の奴隷なのだ」


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!深く考える。「『短答』を正解したから喜ぶ程度の受験生に、ならないでほしい」。問題・解答の本質を、深く追求してください。
 では、昨日の解答を、示します。


  憲法【解答】No.257
<結論>正しい。
<理由>
(1)「準正」とは,非嫡出子が嫡出子になることをいう。準正要件としては,「認知」と「婚姻」である。「認知」→「婚姻」の場合を,「婚姻準正」という。「婚姻」→「認知」の場合を,「認知準正」という。
(2)以前は,「準正」の場合(「認知」+「婚姻」)のみに,日本国籍を付与された。しかし,国籍法3条の改正(平成20年12月12日)で,「婚姻」がなくても「認知」だけで,未成年は日本国籍を取得できるようになった。
(3)したがって,肢前段の「父母の婚姻及びその認知等所定の要件を備えた場合」とするのは,14条1項違反となる。
(4)しかし,「同法第3条第1項を全部無効とする解釈は採り得ない」。国籍法3条1項の趣旨は,血統主義(親のどちらかの国籍が,子の国籍になる方式)を補完するために,出生後の国籍取得の制度を設けたものである。したがって,単純に全部違憲無効とすると,国会が新しい法律を制定するまで,行政庁は,法律を執行できなくなる。その結果,国籍が付与されるべきものに,法が適用できない事態が生じる。したがって,全部無効とすることは,国民の権利が保護されない場面を発生させる点で,立法者の意思に沿わない。このため,最高裁判所は,解釈を控えた。裁判所は,全部違憲ではなく,一部違憲として,国民の権利の保護を図った。
 その後,国籍法3条1項「父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した子」を平成20年の法改正で,「父又は母が認知した子」とした。
【注】
(1)この問題は、「社会通念・学説・判例」が、すんなり、かみ合った内容だ。
(2)〔司24-18-イ〕も、同じ問題です。
(3)司法試験・予備試験は、過去問を研究するだけで、確実合格を早めに実現できる。
(4)さらにシャープに勉強したい人は、予約販売中の、次の本を学習すればよい。7月25日(月)発売。
「平成28年(2016年)単年版・司法試験・予備試験短答過去問集」


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!ケインズ先生もいっているが、過去の奴隷になってはいけないが、過去を深く研究することから、ものごとの本質が見えてほしい。そこで、少し語弊があるかも、しれないが、次のコピーを示したい。
「合格前は、過去を徹底的に研究する。合格後は、過去の奴隷にならない」
▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!君は、合格だけでなく、大きな人間になってもらいたい。さあ!今日も暑いが“スコーン”と面白く、“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「過去を活用し、過去に拘束されない!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

国籍法の改正/ケインズの言葉(1)前のページ

変わったことになった。これは、タブー!次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 憲法

    01/15更新【講座1480】設問 – 「老人に、負けないぞ!」 – わしな…

    【3日後「行政法・後期」スタート!】「7科目・パーフェクト合格ゼミ…

  2. 憲法

    【講座1271】 講座1270の解答 – わしなら、こう解く – 「君の人生…

    【2013年6月30日(日)までの期間限定キャンペーン】● 新刊!…

  3. 憲法

    学問の自由

     次の用語を、定義せよ。(1)学問の自由(2)生存権…

  4. 憲法

    合格も不合格も、易しい

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 明後日2014年10月25日…

  5. 憲法

    【講座228】 設問

    憲法に限らず、法の受験勉強において、単純に暗記しなければならないところ…

  6. 憲法

    平成23年(憲法)第1問の解答

     正しい。【理由】(1)普通地方公共団体が、いった…

令和5年(2023年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集 発売開始

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP