受験生応援

「短答」と「論文」を、同時に勉強する

司法試験・予備試験の勉強法についてお話します。

「短答」は、「択一」としての試験と、とらえないことです。

それは、「肢から1つの正解を選択する試験」ではないと考えています。
「短答」は、「論文」の力を試すものだと思います。
「論文」に合格するための基本知識があるかどうかが試されます。

「論文」では、実体法的な基本知識に代わって実務的処理が問われます。
手続き的な能力がチェックされています。

実体法的な基本知識を受験生が習得しているか否かのチェックは、「短答」に委ねられています。

「短答」は、基本力の強化です。
「論文」は、応用力の充実です。

司法試験・予備試験の受験生のあなたには、「短答」と「論文」を、同時に勉強することをお勧めします。

(ひと言) 「短答は基本力の強化となり、論文は応用力の充実となります」。

絶対合格!!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————


【2023年(令和5年目標)司法試験/予備試験 カウントダウン・タイマー】
下記のバナーをクリック!

【2026年(令和6年目標)司法試験/予備試験 カウントダウン・タイマー】
下記のバナーをクリック!

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。

あけましておめでとうございます前のページ

自分の頭でよく考える次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 受験生応援

    令和4年改正民法のお話

    【司法試験の受験願書】出願が始まっております。期間は、下記のと…

  2. 受験生応援

    「一般教養科目は、捨てられない」ことに気づいた

    予備試験の短答式試験には、一般教養科目がありますね。受験生の多くが…

  3. 受験生応援

    令和4年 予備試験 口述試験に絶対合格する

    昨日、令和4年 予備試験 論文式試験 合格発表がありました。合格さ…

  4. 受験生応援

    受験生の合否を分けているのは

    司法試験・予備試験の受験生に勉強のことで注意をすると、「私は、頭がよく…

  5. 受験生応援

    本試験を迎えるあなたへ

    明日から司法試験が始まります。今日は、夜遅くまで勉強しないようにし…

  6. 受験生応援

    本物のメンター(指導者)を探し出す

    司法試験・予備試験を中心に、資格試験の受験指導に携わらせていただいて5…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

新刊情報:合格ノート民法 親族・相続 第4版

令和6年(2024年)短答出題予想答練

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP