商法

商法ドリルNo.4[解答編]

 


次の記述について解答せよ。なお,会社法名は省略する。

➀出版業を営むA株式会社は,小規模で同業を営んでいるB株式会社に自らの業務の一部を委託していた。B社では,これまで自らの商号によってその事業を行ってきたものの,仕事を得ることが難しくなってきた。そこで,A社は,B社の代表取締役Cに対し,「A社副社長」の肩書を付した名刺の使用を許諾した。Cは,右名刺を用いて,DからB社の事業に用いている製品を100万円で購入した。しかし,その代金は,Dに支払われなかった。
下記(1)(2)に答えよ。
(1)原則として,A社は,Dに支払債務の履行責任を負うか。
【解答】:原則として,A社は,Dに支払債務の履行責任を負わない。Cは,A社を代表する権限(349条1項本文,同4項)をもたないため,Dとの取引の効果は,原則としてA社に帰属しないからである(民法113条1項)。
(2)Dが,354条を根拠に,A社に代金支払請求を行ったとする。
ⅰ本事例において,A社に354条が直接適用されるか。
【解答】:A社に354条は直接適用されない。Cは,A社の「取締役」ではないからである。
ⅱ本事例において,A社に354条が類推適用されるか。
【解答】:A社に354条は類推適用されない。
表見代表取締役の制度を定める354条の趣旨は,取引の相手方が会社の代表権限をもつ者という外観を信頼して(登記簿を閲覧せず)取引を行った場合でも,その信頼を保護する点にある。この信頼保護を強調すれば,本問のDは,354条類推適用によって保護される余地がある。しかし,354条が適用される場合とは,「取締役」に対して代表権限を有する名称を付した場合である。かかる「取締役」は,あくまで当該会社の取締役を指す。そのため,354条の類推適用を認めるとしても,当該会社の従業員(使用人)に代表権限を有する名称を付した場合までに止まるべきあって,当該会社外の者に付した場合にまで適用を拡大することは避けるべきである。
②出版業を営むA株式会社は,新たな社屋を建設しようと,近隣に住まうEから,Eの所有する不動産を購入した。しかし,同不動産の所有権移転登記手続きは履行されておらず,登記名義人は,Eのままであった。A社は,Eに対し,所有権移転登記手続の履行(以下,「本件登記手続履行責任」という。)を求めたが,Eはのらりくらりとしてこれに応じないままであった。この事例につき,下記の(1)(2)に答えよ。なお,(1)(2)は各々独立した問いである。
(1)仮にEが,A社の取締役であった場合,EのA社に対する本件登記手続履行責任は847条1項前段「責任」にあたるか。
【解答】:847条1項前段「責任」にあたる。
取締役は,会社との取引によって負担することになった債務(取締役の会社に対する取引債務)についても,会社に対して忠実に履行すべき義務を負うと解される。そうすると,株主代表訴訟の対象となる取締役の責任には,取締役の地位に基づく責任のほか,取締役の会社に対する取引債務についての責任も含まれると解するのが相当である。また,金銭債務の履行を求めたり,損害賠償責任を追及する場合には限定されない。
以上からすれば,本問のように,取締役がその地位に基づき会社と取引した場合,取締役は,会社に対して負担する取引上の債務を「責任」として負う。
(2)Eが本件登記手続を履行しないまま死亡し,Eの配偶者Fが,Eを相続した。上記不動産につき,相続を原因とするFへの所有権移転登記がされた。FはA社の取締役である。
ⅰFは,A社に対して本件登記手続履行責任を負うか。
【解答】:Fは,A社に対して本件登記手続履行責任を負う。Fは,相続によりEのA社に対する本件登記手続履行義務を承継する(民法896条本文)からである。
ⅱ上記ⅰの責任は,847条1項前段の「責任」にあたるか。
【解答】:上記ⅰのFの責任は,847条1項前段の「責任」にあたらない。設問②小問(1)で述べた847条1項前段の「責任」の意義からすれば,上記ⅰのFの責任は,FがEの配偶者として承継するに至った責任であって,A社の取締役として同社に負担するに至った責任ではない。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【2018年10月19日(金)発売!】
「悪文・乱文から卒業する 正しい日本語の書き方」が、Discover21様から発売となります!増補改訂で、更に使いやすくなりました!https://amzn.to/2E377oF

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 商法

    商法ドリルNo.8[解答編]

     【設問1】次の➀~③の決議のうち,省略不可能なものはどれ…

  2. 商法

    商法No.5[問題編]/次郎長の言葉(1)

     ・幕末には、いろんな人物が輩出された…

  3. 商法

    商法ドリルNo.7[問題編]

     【設問1】取締役会設置会社における代表取締役の代表行為に…

  4. 商法

    商法ドリルNo.6[解答編]

     【事例】甲山一郎は,有名なテレビタレントであるが,同人の…

  5. 商法

    商法ドリルNo.3 [解答編]

     【解答】(1)「株主平等原則」の…

  6. 商法

    商法ドリルNo.7[解答編]

     【設問1】取締役会設置会社における代表取締役の代表行為に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

  1. 憲法

    02/05更新【講座1501】設問 – 「時の流れに、勝つ!」 &#…
  2. 総論

    【講座521】 新司法試験・予備試験の合格を決める君へ! はじめてのボランティア…
  3. 総論

    金の時間! / 司法試験・実力診断模試2016「短答 過去問 アレンジ答練」「論…
  4. 総論

    【講座1149】 「100%合格する人は、いないが・・・」 – 司法…
  5. 総論

    たくさんの受験生を見て来て / “今日できる”スピード・アップ術
PAGE TOP