プロフェッショナルな勉強法

「地頭(じあたま)アップの一般原則」を習得すれば、無駄な勉強をしなくて済む!


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!今週も、また日曜日が来た。“プロフェッショナルな勉強法No.151”を、どうぞ。
▼「『地頭をアップの一般原則』を習得すれば、無駄な勉強をしなくて済む」。
 暗記中心で勉強すれば、なかなか受からない。一方、理解中心といっても、問題ごとに処理しようとするので、能率が悪い・・・。
  <×:スベる人>
(1)「勉強することとは、暗記することである」と、小学生から現在まで信じ切っている。
(2)「マーカー方式(短答・択一)試験」では、ある程度、点数が取れる。しかし、「記述方式(論文)試験」では、さっぱり、点数が伸びない。
(3)「地頭アップ」という意味が、まったく分からない。
  <〇:受かる人>
(1)「理解(90%)→暗記(10%)」で、合格できることは、分かる。
(2)さらに、「理解」の方法については、抽象的な一般原則があることに、気づいて学習している。
(3)抽象的な一般原則から、問題ごとの具体的な解法に移行し、素早く正解できるようになった。
(注)この方法は、筆者が提唱する「地頭アップの一般原則」である。
  <合格ポイント>
(1)「合格と不合格の差は、地頭の差である」。
(2)「地頭」とは、この世に生まれてから現在に至るまでに、蓄積されてきた“考える力”をいう。
(3)「地頭アップの一般原則」を習得すると、マーカー方式(短答・択一)試験、記述方式(論文)試験の問題文をシャープに分析でき、正解解法がスピーディーに見つけ出せる。それで、なんなく合格できます。
(4)シャープな合格者は、「知識を詰め込むより、“受かるやり方”を習得した方が確実である」ことが分かっている。
(5)地頭アップの一般原則に関するプロセス
 ①地頭アップの一般原則→ ②短答・論文のシャープな解法→ ③正解→ ④合格

(注) ①は、「どんな出題にも対応できる抽象的な原則」をいう。
②は、「一般原則を具体的に問題解法に当てはめていく方法」をいう。

(6)抽象的な一般原則を習得すると、考える力が養える。
(7)具体的な内容は、社会通念・日本語・論理・定義(目的)・分類・図示などで、アプローチする。
(8)モチベーション・健康・環境などを向上させることで、地頭は、ますますアップできる。
  <裏技>
(1)「スクール東京」で、筆者が教える実践講義がある。原則、個別指導です。場合によっては、2~3名のグループ指導もあります。
(2)原則として、「司法試験」「予備試験」を例題にします。他の試験も、適用可能です。
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます。
また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「“地頭アップの一般原則”は、全てに通ずる!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. プロフェッショナルな勉強法

    合格体験記を、鵜呑みにしない

     今週も、日曜日が来た!それでは、“厳選プロフェッショナルな勉…

  2. プロフェッショナルな勉強法

    「短期合格ではなく、短期不合格である」を知る

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 今週も、また…

  3. プロフェッショナルな勉強法

    受験をやめるか、一発で合格したいなら「合格ファイナル塾」でとどめを刺す

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! さあ、日曜日だ。“プロフェッ…

ペイパル新規登録キャンペーン

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP