総論

ピントがずれているメール・・・!?

 


インター・ネットが当たり前の時代になりました。私は昭和16年生まれです。アナログ時代の真っただ中を生きてきました。

大学卒業後、新聞記者として毎日、記事を書いてきました。もちろん、手書きです。書くという作業は、私の体の一部分になっています。毎日、書いています。

しかし、「スクール東京」のスタッフ、受講生たちとの連絡手段は「メール」に変わりつつあります。地方、遠方で勉強をしている受験生の方とのやりとりもメールです。

さて、このメールのやりとりでも、「合格」できる人、なかなか「合格」できない人には「違い」が表れてきます。

彼、彼女たちからの質問事項に答えて送信すると、私からのメッセージにピント外れの内容のメールが返ってくることが度々あります。返信を見て「何だ!これは・・・きちんと読んでくれたのかな」と思います。

「成川先生、質問事項にお答えいただきありがとうございます」
「分かりやすくご説明いただきありがとうございます」・・・等

形成的な言葉での挨拶はきちんとされています。しかし、肝心なこと、私からの問いかけについてはピントが合っていないのです。

これは、本試験と同じことが言えます。解答のピントが合わなければ(ピントがずれた解答しかできなかったら)、試験には合格できません。

メールのひとつ、ふたつのことで・・・なんて思わないでくださいね。試験に合格するためにも、日頃のメールのやりとりからも「ピントを合わせる」習慣をつけて行くようにしましょう。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————

* * *

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

この方法なら、「知能アップ」する!!前のページ

論文個別指導では、提出答案の出来を意識しない!次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    【講座1039】 合格の「ある要件」とは? – 司法試験・予備試験の合格を決める君へ!

    司法試験・予備試験は、個別指導・少人数制予備校の「スクール東京」におま…

  2. 総論

    択一式(短答式)=論文式(記述式)

     成川は、「択一式(短答式)も論文式(記述式)も、…

  3. 総論

    「ミスが、あってもいい」オリンピックと司法試験・予備試験!

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!リオ・オリンピ…

  4. 総論

    雑感

     今日は、頭をリフレッシュさせるため、日頃、考えていることを、…

  5. 総論

    講座20【新司法試験ブログ】新司法試験合格のための論文の訂正について

    新司法試験・論文の添削をしていると、気づくことがある。文字の「訂正」が…

  6. 総論

    【講座1209】 「友が、困り果てていたら・・・」 – 司法試験・予備試験の合格を決める…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 将来、法曹界や、その他の世界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新刊情報:短答過去問,改正法でこう変わる!第3版

令和6年(2024年)短答出題予想答練

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP