総論

受験業界の通説

 

代表的な試験形式として、択一式(短答式)と論文式(記述式)があります。

この2つ、見た目が大きく異なるため、学習法も異なる、と通常は考えられている。
長年にわたって、受験業界の通説です。

しかし、成川は、これに異議を唱えています。

択一も論文も、同じ「法」に関する問題であり、本質的には同じと考えているからです、

本質的に同じなのだから、勉強方法も同じでよい。
理解を中心にドーンと捉え、小手先の丸暗記に走らない。

テキストや問題文の一字一句を自分の頭で判断し、みずからの意見として解答する。

アウトプットの形が若干、違うだけであって、インプットの仕方は同じなのです。

択一ならではの学習、論文に特化したやり方といったものは存在しないと考えています。

絶対合格!!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます

また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!

▼本日午前4時更新の「成川豊彦日記」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。

———————————————


おすすめコンテンツ【令和4年(2022年)目標 司法試験・予備試験 カウントダウン】

受験生必須のカウントダウン・タイマー 最新版ができました!

【正しい日本語の書き方】

「どのように書けば、よいか」
「説得力のある文章の書き方とは」

読者の皆様の要望に応え、スクール東京では、
このたび「正しい日本語の書き方」を出版しました。

(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)

文章の書き方のノウハウ満載です。
書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

http://amzn.asia/d/fMZhWIH

【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
メールマガジン登録
フェイスブック
ツイッター
● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

穴を埋め、苦手を克服する前のページ

択一式(短答式)=論文式(記述式)次のページ

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 総論

    講座142【新司法試験ブログ】「ズバリ、当たりました」

    「先生!当たりました。主要論点がズバリでした。ありがとうございます」。…

  2. 総論

    【講座239】 まず、歩くことから

    新司法試験に関係している人たちだけでなく、わしから見て、今の日本人は、…

  3. 総論

    【講座1074】 「芦部先生も、やられていましたよ」 – 司法試験・予備試験の合格を決め…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 年も押し迫ってきました。司法…

  4. 総論

    サルやワニに勝つ! / 「お盆の叫び2015」ライブ終了・wma音声通信が好評発売中、次は、「名古屋…

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 高校野球の決勝戦も終わり、い…

  5. 総論

    平成30年司法試験合格者1,525人!

     平成30年 司法試験 「総合評価」が公表され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新刊情報:合格ノート民法 親族・相続 第4版

令和6年(2024年)短答出題予想答練

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP