民法

短答式問題を解く際の着眼点(前)/マーガレット・サッチャーの言葉(1)


 司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!受験に限らず人生には、幾多の試練がある。それを乗り切るのは、運ではない。“鉄の女”と呼ばれ、英国政治のかじ取りをした故マーガレット・サッチャー首相も、切々と言っている。


<マーガレット・サッチャーの言葉(1)>
「幸福だったわけでは、ありません。私は、それだけの努力をしてきました」


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!サッチャーさんはイギリス初の女性首相(1979年~1990年)だった。米ソ列強と厳しい調整をみごとにやってのけた。その時は、幸運なんていうものではなく、やるしかない努力、努力の連続であった。「やれば、できる」ことも、世界に示した。
 では、設問で民法の「短答」を解く際の着眼点を学ぼう。


民法No.50【設問】
 短答式問題を解く際の着目点
 以下の【記述】における①及び②につき、①は正しく、②は誤っている。仮に②の判例について知識がない場合に②の正誤判断を求められたとする。その際、②を誤りと判断するために着目すべき点はどこか。①の記述との比較を意識して考えてみよう。
  【記述】
 ①判例によれば,AがBに対し貸金の返還を請求する訴訟において,Aとの動産の売買に基づく代金債権をもってする相殺を主張するBは,目的動産の引渡しを提供したことを主張立証しなければならない。
 ②判例によれば,Aが,Bに対し遺留分減殺請求権を行使した上で,被相続人からBが受けた贈与の目的物の返還を請求する訴訟において,Bが贈与の目的物の価額を弁償する旨の意思表示をしたときは,Aの請求は棄却される。
  【注】
 この問題は、記述自体の正誤判断やその理由付けを目的としない。短答式試験において、5肢あるうち確実に分かる肢が2つくらいしかないという状況でも、正解に近づくために有用な視点を学ぶことを目的とする。特に、細かい知識や理由付けなどが分からない時(むしろそれが普通である)に有用となる視点である。
 ①は、短答式過去問にも複数回出題されているため、基礎知識として習得している必要があるが、②は①に比べると難しい印象のある記述である。もちろん②の判例を知っていれば、それに越したことはないが、②だけを見て即座に誤りと判断することは難しいのではないだろうか。しかし、仮に全く知らない場合でも、上で述べたように①の基礎知識を使うことで(①と比較することで)、「おそらく誤りなのだろう」という推測はできる。


▼司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!幸運があって、成果が出るのではない。努力があって成果が出るのである。それを、人は幸運と呼ぶが・・・。当事者にとっては、運を頼ってはいられない。司法試験・予備試験の受験生も、同じだ。サッチャーさんのように努力・努力で、抜き進めば、答えは出てくる。
 さあ!今日も“スコーン”と“爆勉”しよう!行け!絶対合格!!
▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、わしが記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へクリック、ありがとうございます
 また、明朝4時に、「司法試験ブログ・予備試験ブログ」でお会いしましょう!
▼本日午前4時更新の「合格ブログ(成川豊彦日記)」は、司法試験・予備試験の受験生にも参考になるので、ぜひ、ご覧ください。
【成川先生の合格語録】
「幸福なんて、ない。努力のみが、ある!」
【司法試験・予備試験の個別指導予備校「スクール東京」のおトク情報】
 ● メールマガジン登録
 ● フェイスブック
 ● ツイッター
 ● お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
 ● 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

Print Friendly, PDF & Email

ピックアップ記事

  1. 今、丸坊主になってきました!スカッとします!!

関連記事

  1. 民法

    不動産明渡請求訴訟/織田信長の言葉(1)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!長短にかかわら…

  2. 民法

    今年、最後のチェック

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! あと数時間で、2014年(平…

  3. 民法

    スーパー・ナイン先生、いよいよ登場! / 譲渡禁止特約

    司法試験・予備試験の合格を、決める君よ! 2015年5月23日(土)、…

  4. 民法

    組合契約/ガリレオの言葉(1)

     司法試験・予備試験の合格を、決める君よ!学習することは…

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

  1. プロフェッショナルな勉強法

    バカな受験生と付き合うと、バカになる
  2. 民法

    民法No.68【事例式演習②】問題編/織田信長の言葉(1)
  3. 憲法

    【講座697】 設問 – わしなら、こう解く – 「仕事…
  4. 総論

    合否の本質
  5. 総論

    講座149【新司法試験ブログ】いつまでたっても、わからないことはある。
PAGE TOP